お問い合わせ

動画マガジン

サイバープロモートムービースタッフによる動画マガジン

2019年9月12日

音声の端子について

sound_connector

先日の記事では映像の入出力端子についてお話をしました。

ですので、今回は音声の入出力端子についてお話をしようと思います。

音声用の端子には、
アナログとデジタルの端子があります。

アナログの端子には、主なもので4つあります。

【ステレオ標準端子】
1本のコネクタで信号をやり取りします。
これをよく見る場面は、ギタリストの演奏現場。
例えば、エレキギターをアンプに接続する際に使うケーブルは、
この端子が用いられることが多いですね。

【ステレオミニ端子】
標準端子のミニチュア版と思えば簡単です。
例えばイヤホンの端子は、これなことが多いです。

【RCA端子】
赤い端子と白い端子の2本で信号を送ることができるものです。
右のチャンネルが赤、左のチャンネルが白で送出します。

【XLR端子】
通称、キャノン端子ともいわれる端子です。
上記3種の端子との違いは、
何かの拍子に誤って抜けないよう、ロックがかかるようになっています。
映像業での音声系の多くは、この端子を使っています。

はい、長くなってしまうので、
今回はアナログ系端子の紹介で終わります。

以上、皆さんご存知、あの安部でした!

0
  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

この記事を書いた人

安部 諒

  • Facebook
  • Instagram
  • vimeo
  • Youtube

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン