動画マガジン

サイバープロモートムービースタッフによる動画マガジン

2019年11月8日

モーションキャプチャのワークフロー

motion-capture-flow

今日はですね、モーションキャプチャの処理について、
そのフローをご紹介したいと思います。

もしスタジオなど使うようであれば、
スタジオを用意しなければなりません。

当然、モーションキャプチャをやるわけですから、
前回説明した『光学式』の場合は、専用のセットを作る必要がありますね。

スタジオを用意したら、人が演じるわけですので、
リハーサルなどを繰り返し、本番に繋げていきます。

本番で収録が完了したら、
キャプチャしたデータを3次元化し、
体に付けたマーカーの位置をラベリングします。

ラベリングしても、どうしても欠陥が発生することもあるので、
それを補正する作業も行わなければなりません。

その次に、ようやくキャラクターのイメージと合わせる感じです。
例えば、キャラクターの膝が、被写体の膝とマッチさせる作業を、
ここで行います。

そこからお使いの3Dソフトに対応したフォーマットに書き出す、
という流れです。

これはあくまで、モーションキャプチャを見た流れですが、
当然キャラクターの立体図や、平面のイメージ等は
キャプチャーの撮影前に行われていくか、
ほぼ同時進行で行われますし、
こちらの作業の方がヴィジュアル的にも重要です。

みなさんもチャレンジしてみてください!

以上、皆さんご存知、あの安部でした~

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン