お問い合わせ

動画マガジン

サイバープロモートムービースタッフによる動画マガジン

2020年6月1日

WEBセミナー(ウェビナー)実施のための機材

WEBセミナー実施の相談を多々いただくようになりました。

緊急事態宣言解除後も、人材採用における面接、社内研修、営業プレゼン。様々なシーンでまだまだ対面での各種実施が難しい状況です。

今日はWEBセミナー実施における最低限の撮影機材をお伝えできればと思います。

●ビデオカメラ


全体的なコストに一番影響を与えるのがやはりカメラでしょう。一般的なセミナー等では10万円クラスのハンディカムで十分だと思います。逆にプロ仕様のものを買ってしまうと、操作にてこずる可能性が大です。

●三脚


数千円の軽いものはオススメしません。慣れていないと、倒してしまったりする可能性も高いためです。それなりの重さがあって、ガッチリしたものがおすすめです。2万円~のものを買えばそれなりに大丈夫かと思います。

●ピンマイク


セミナーにおいて音声品質は非常に重要です。5万円位~になりますが、ここにはそれなりに費用をかけましょう。SONYのUWPシリーズ等がおすすめです。

●照明


LED等のライト&スタンドが3灯あればベストですが、一般の方はとりあえず1灯で顔のみしっかり明るく撮影できれば良いかと思います。

●バック紙&スタンド


どんなに良いプレゼンでも、背景がゴチャゴチャしていたり、汚いとセミナーのクオリティはやはり低く見えてしまいます。白バック等、背景紙を被写体の後ろに設置すると綺麗なイメージで視聴者に伝えることができると思います。

全てをプロ並みに揃えようとするのは現実的ではありません。少しづつ揃えながら、これがあった方がいい、あれも必要かな・・・なんて考えながら揃えていくのがベストかもしれません。
是非、トライしてみてください。

1+
  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

この記事を書いた人

Keiichi Takase

KIZUNA JAPAN株式会社 代表兼クリエイティブディレクター。 趣味:サーフィン、キャンプ、ゴルフ

  • Facebook
  • Instagram
  • vimeo
  • Youtube

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン